家の購入を考え出したら何をすればいい?

2021年06月12日

福岡で中古マンションリノベーション再販をしております

グランベルコーポレーションのMIKIです。

 

コロナウイルスの影響で

お家時間で過ごす時間が格段に増えた今日この頃。

より快適にお家時間を楽しむ人たちも増えています。

 

その他、家族が増えたり、ライフイベントで環境が変わったり

そろそろ住み替えを考えたい・・・・そんな時

 

どのようにして買ったらいいのかわからない! と初めての方が多いと思います。 きっと、人生の一番高い買い物。。。。不安がいっぱいですよね。

私自身、住宅のことはまだまだ見習中なのでいろいろお勉強中です まず、整理していきましょう!

どのような家が欲しいか検討する

情報収集をする

問い合わせをする

物件の見学をする

購入したいお家が決まったら、購入申し込み

重要事項の説明を受ける

売買契約をする

内覧チェック

残金決済

引き渡し

入居

 

1.どのような家が欲しいか検討する

 

物件を探す前に、基本的な下記項目をある程度考えておくことをお勧めします。

一戸建て、マンション

新築、中古

間取り

設備

地域

予算

一戸建て、マンション:どちらにするかまだ決めていない場合は、

 

それぞれのイメージを膨らましておいて、物件を探すときに決めても良いでしょう。

 

新築、中古:こちらも、まだ決めてない場合は、探すときに、

 

新築・中古の両方で探してみてはどうでしょうか。

 

間取り:リビングが広い方がいい、家族それぞれのお部屋が欲しいなどの

 

要望を聞いてまとめておきましょう。

 

設備:カウンターキッチンやアイランドキッチン、食洗器、カップボード、床暖房、浴室乾燥機、ウォークインクローゼット、パントリーなど、物件によって違いますので、あくまで希望として考えておきましょう。

 

地域:生活のしやすさ、スーパーが近くにある、通勤や通学の交通の便、親の近くに住みたいなどの希望をまとめておきましょう。

 

予算:ざっくりで良いので、予算を考えておきましょう。 金額が高ければ高いほど、良いお家を買えますが、生活費を削ってまで高いお家を買わないように! 住宅購入時は、頭金+諸経費(登記費用、税金、住宅ローン保証料など)が必要です。

 

2.情報収集でほしい家を探す

情報収集する方法は、主に下記内容になります。

不動産ポータルサイト

不動産会社のホームページ

新聞折り込み広告など

現地

不動産ポータルサイト:不動産ポータルサイト(不動産の情報を専門に扱っている場所)で探す。有名なところでSUUMO(スーモ)、HOME'S(ホームズ)など沢山の物件情報を探すことが出来ます。

 

不動産会社のホームページ:建築中の物件や、ポータルサイトに載っていない物件が見つかることもあります。

 

新聞折り込み広告など:新聞折り込み広告に不動産の広告がよく入ってます。広告が入っている地域周辺の不動産情報なので、今住んでいる周辺で探すには、ちょうどいい情報になると思います。

 

当社では独自のAIサービスにご登録いただくと

自動的にお客様の希望に沿った物件を提案してくれますv

物件提案ロボ

2.問合せをする

 

問い合わせの方法は、電話、問い合わせフォーム、不動産会へ訪問のいずれかになります。

ポータルサイトを見ている場合:SUUMO(スーモ)、HOME'S(ホームズ)のポータルサイトでは、資料請求の入力画面や無料通話の電話番号が用意されています。

 

不動産会社のホームページを見ている場合:電話または、ホームページの問い合わせフォームの入力画面よりお問い合わせになります。

 

現地で見つけて問い合わせする場合:看板やのぼりがあると思いまので、連絡先の電話番号と現地の住所を書きとめてから問い合わせすることをお勧めします。

 

4.物件の見学をする

3.の問い合わせの時に、現地見学の日時を決めておきましょう。

建築中や未建築物件の場合は、同等の他の物件を見せてくれる場合もありますので、不動産会社の営業さんに相談してみてください。

出来れば、お家を複数見比べることをお勧めします。

ただし、お家は1点ものなので、いつ売り切れになるかわかりません。

気に入ったお家がある場合は、早めに検討して申し込みをしましょう!

 

5.購入したいお家が決まったら、購入申し込み

 

お家が決まったら、仮押さえ! 申し込み証拠金を支払い、押さえてもらいましょう。

証拠金は不動産会社によって金額が違いますので、あらかじめ聞いておいてください。

高くても10万円位でしょう。

 

6.重要事項の説明を受ける

 

不動産購入時には、重要事項確認の説明を受けることが義務づけられていて、

宅地建物取引資格者が専門用語がたくさん出てくる説明を1~2時間かけて話します。

わからないことは質問してください。

最後に署名と捺印をしますので、後々「聞いた・聞いてない」のトラブルにならないように、きっちり確認しておきましょう。

 

7.売買契約をする

重要事項説明書や契約書の内容を確認して、問題が無ければ、契約の手続きをします。

この時点で、手付金の支払いを行います。

 

手付金は購入金額や不動産会社によっても金額が違う場合がありますので、確認しておいてください。100万円位かかると思ってください。

なお、契約をした後に解約をした場合は、手付金は戻りませんのでご注意を!

 

8.内覧のチェック

契約後、引渡し前までに、建物のチェックの為の内覧会を行います。

不具合が無いかきっちりチェックして下さい。

仕上がりの悪い所や、傷など問題点があれば指摘しておくことで、引き渡しまでに修理してもらえる場合があります。

 

9.残金決済

購入金額から手付金を引いた残りの金額を全額支払います。

 

10.引き渡し

不動産の所有権移転の登記手続きをして、マイホームの鍵を受け取ります。 これで、念願のマイホームになります。

11.入居

晴れて新居へお引越しとなります!

 

セルフィル

福岡でリノベーションマンション・中古マンションをお探しなら

(株)グランベルコーポレーション

   https://www.granbel.net/